百貨店での通訳スタッフ(中国語)

自分のスキルを生かした、百貨店での中国語通訳スタッフのアルバイトです。
百貨店にいらっしゃる中国人のお客様に店内の案内、お店に直接呼ばれて通訳のお手伝いをするのが主なお仕事でした。
時期により仕事の量がすごく差がありました。
爆買いと騒がれた時期、春節などの中国の祝日の時期はお客様がとても多く、気づいたら1時間過ぎている、などもよくありました。
私は中国に住んでいたこともあり、中国人を比較的理解していたと思い気苦労はありませんでしたが、国内で中国語を勉強しているだけの方や中国人の傲慢さと図々しさを理解していない方には身体的にも精神的にもとても疲れる仕事だと思います。
富裕層と思われるような方々は精神的に余裕もあり、きちんとお礼なども言ってくださいますが、近年ビザの緩和などで初めて海外に旅行に来た、といった感じの“現地のおばちゃん”感漂う方の接客は、日本人の社員さんがわからないように適度に力を抜いて接客していました。むしろそっちの方が、親近感を持っていただけて結果として良い方向に繋がるのですが、日本人の社員さんはあくまでお客様だと礼儀を強要してきました。